毛ガニの相場を知ってお得にお取り寄せしよう!

かに本舗
Pocket

高級カニの代名詞とも言える毛ガニ。高くて手が出ないと思っていませんか?通信販売は港もしくは市場から仕入れた新鮮な毛ガニをご自宅まで直接届ける産地直送。格安でお取り寄せできます。毛ガニの相場はまずは重さで決まります。それから若ガニ、堅ガニの区別や茹でや生といった加工の有無、姿の美しさといった要素で値段が変わってきます

毛ガニは一年中出回っている


毛ガニ漁は北海道の各地で行われています。季節によって漁場が変わるため、北海道では一年中いつでも毛ガニを手に入れることができます。
一年のほとんどの時期に安定した相場でお取り寄せできるので、北海道各地の港に拠点のある通販会社がおすすめです

年末に向かって取扱量が増える


お歳暮など贈答品として取扱量が増える高級毛ガニ。毛ガニの相場が高まるのは年末年始が中心になります。
春先の流氷明けの毛ガニお中元時期の胆振噴火湾地方の毛ガニも人気があります

毛ガニの相場を大きさで比べる


毛ガニの相場は、大きさでかなり左右されますが、大きさの相場以外の要素を組み合わせて値段が決まるとお考えください

300グラムから400グラムの毛ガニ


毛ガニには厳しい規制があり、雌の毛ガニと甲羅の大きさが8センチにならない雄の毛ガニは水揚げできません。
300グラムの毛ガニは水揚げできる毛ガニの中では小さなサイズ。相場もお手頃価格で3000円程度からです

400グラムから600グラムの毛ガニ


水揚げの多いのが400グラムから500グラムの毛ガニ。相場は400グラムで安いもので2~3000円程度のものから4000円以上まで、500グラムで3~4000円程度のものから6000円以上までです。

この大きさの毛ガニは流通量が多いため、重さ以外の要素による価格の変動もあります。
食べやすい量なので購入もしやすく、通販会社間の競争も激しくなっています。
信頼できる通販会社からお取り寄せすることをおすすめします

600グラムから1キロの毛ガニ


600グラムであれば500グラムとほとんど同じ相場です。これぐらい大きいと見た目も華やかで食べごたえもあります。1尾で二人が食べられる分量です

毛ガニは大きければ大きいほど、身の甘みが強くカニミソも濃厚と言われます。1キロ近い毛ガニとなると安くて4~5000円程度のものから高いと1万円近くなり、贈答品としてよくお取り寄せされるサイズです

最近ではこういった1尾のサイズが大きめの毛ガニもお取り寄せ人気を集めるようになってきましたね

1キロ以上の毛ガニ


もともと小ぶりな毛ガニは、1キロ以上のものは多くありません。通販会社のサイトで「1キロ」をよくよく見てみると500グラムで2尾ということも

1尾で1キロを超える毛ガニの相場は6~7000円程度のものから産地まで限定したものともなってくると1万円を優に超える毛ガニもあります

贈答品やホテルやレストランへの卸をやっている通販会社に取り扱いが多いです

値段を左右する若ガニと堅ガニ


毛ガニの値段は、若ガニと堅ガニの違いで大きく変わってきます。通販で毛ガニをお取り寄せするときは、若ガニと堅ガニの区別がはっきりわかるところがおすすめ

毛ガニの相場を左右する若ガニと堅ガニとはどんな違いでしょうか

堅ガニと若ガニの違いを解説


毛ガニは脱皮を繰り返すことで大きく成長しています。毛ガニが水揚げされると、まず若ガニか堅ガニかに選別されます

堅ガニは、脱皮をしたあと時間が経過し身が充実している毛ガニ。脱皮直前のカニと言い換えることもできます。殻が硬いので堅ガニと呼ばれます

若ガニは殻が柔かいのが特徴。脱皮してすぐの毛ガニで、ひとまわり大きくなった殻にはまだ身が十分に入っていません。脱皮に栄養をとられるので栄養不良状態です。若ガニでも、脱皮して時間経過とともに身入りもしっかりしてきます

若ガニの相場


若ガニはお鍋や味噌汁用に売られていることもあります。柔らかくて甘い身が好きという人は若ガニを選べば格安に毛ガニを楽しめます

若ガニに細かいランクをつけている通販会社もあり、身入りが堅ガニに近づくほど相場も堅ガニ近づきます。毛ガニをお取り寄せする際は名称だけでなく、身入りについても説明している通販会社がおすすめ。良品があればお買い得です

堅ガニの相場

ぷりぷりの身がぎっしりとつまっている堅ガニには濃厚なカニミソもたっぷり入っています。身入り9割以上でなければ堅ガニとは呼べません。もちろん相場もそれなりです。

この堅ガニにもランクがあります

1特と2特とは

スーパーや安売り店で扱われる毛ガニ。相場もリーズナブルでお求めやすいお値段です

3特とは

いわゆるデパート品質と言われる毛ガニです。高級料亭にも卸すほどで相場も一気に跳ね上がります

4特とは

最上級品の毛ガニ。相場も最上級ですが、通販会社の取り扱いも増えています。中間業者や無駄な保管のない産地直送の通販会社なら、格安にお取り寄せすることができます

毛ガニの値段は「茹で」と「生」で違う?


毛ガニの通販では、茹でた毛ガニと生きたままの毛ガニ、どちらでも好きな方を選べます。
それぞれの相場はどうなっているのでしょうか

茹で毛ガニの値段は?


水揚げされた毛ガニをすぐに茹でて急速冷凍したものが茹で毛ガニ。
茹で汁のレシピや茹で加減に熟練の技が必要です。流通量も多く価格競争もあるので相場も変動しやすいです

それだけに美味しい茹で毛ガニを見つける楽しみも広がります。自宅に届いたら、解凍するだけですぐに食べられるのも嬉しいです。
お取り寄せの際はカニの扱いに慣れていることはもちろん、毛ガニ加工に実績のあるカニ専門店や水産卸の会社がおすすめ

生毛ガニの値段は?


生の毛ガニを生きたまま冷蔵でお届けする生毛ガニ。茹で毛ガニよりも相場は高いです。
生きた毛ガニがそのまま送られてくるのでお刺身や茹でたての毛ガニを楽しめます。消費期限は届いた当日。到着日時を指定できるお取り寄せ通販会社だと助かります

訳あり品で値段はどうなる?


毛ガニは繊細なカニで、水揚げ時のストレスで自分の足をもいでしまったり、加工途中に爪が取れたりしやすいです

カニミソが重要な毛ガニは姿で売られているため、足や爪の折れやもげ、些細な傷でもすぐに訳あり品になってしまいます。
訳あり品は毛ガニ相場の2割から3割安くなります。身やカニミソは同じなのでとてもお得。どういった訳ありなのか、理由が明記してるお取り寄せ通販会社がおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です