特大毛ガニを取り寄せる人、必見!

かに本舗
Pocket

毛ガニはタラバガニやズワイガニと比べると小ぶりなイメージ。びっしりと体に毛が生えている丸みを帯びた赤い体が可愛らしいです。甘い身と濃厚なカニミソが人気の毛ガニ。特大の毛ガニを取り寄せてお腹いっぱい楽しみたいものです

毛ガニの平均的な大きさは?


毛ガニが小ぶりに見えるのは、足が短く体が丸くまとまっているのも理由のひとつ。資源保護のため甲羅8センチ以上の雄のみ水揚げできると決まっています。
重さでいうと300グラムから400グラム。
特大サイズの毛ガニというと1キロ以上のものになります。平均サイズのものに比べるとかなり大きいですが、このサイズの水揚げも少なくなく、通販でお取り寄せできます

タラバガニ・ズワイガニはどれぐらい?


毛ガニとの比較のため、タラバガニとズワイガニの大きさをご紹介しましょう。
タラバガニの甲羅は10センチ前後。毛ガニよりもふた回り程度大きく足も長いです。足を広げると1メートル以上になる大型のカニです。特大のカニというとタラバガニを思い浮かべるほど

ズワイガニの甲羅は8センチから14センチ、足を広げると70センチになるものもいます。甲羅のサイズは毛ガニと変わりませんが、こちらも足の長さで毛ガニを上回ります

通販会社の毛ガニのサイズ表記を読み解こう


通販会社のサイトに書かれている「特大」どれぐらいのサイズでしょうか?
毛ガニのサイズ表記を読み解いてお得なお取り寄せライフを楽しみましょう。
意外に知らないインターネット通販会社のサイズ表記について解説します

S、M、L、特大って実際はどれぐらい?


通販会社のお取り寄せでよくあるサイズ「S」、「M」、「L」や「特大」の表記。
実はこの表記に決まったサイズはありません。あくまでもその通販会社独自の基準です。同じ会社で買うなら「特大」は最も大きい毛ガニですが、A社の「特大」とB社の「特大」の毛ガニのサイズが同じとは限りません。
センチで表記してある通販会社ならお取り寄せするときもサイズ比較がしやすいです

意外に重たい殻とグレースに気をつけて


もうひとつよくある表記が重さ。この重さにも注意が必要です。
重さに含まれるのは、殻(全重量の半分ぐらい)、グレース(カニを保護するための氷の膜)も含まれます。
冷凍の特大毛ガニをお取り寄せをするときは、グレースの表記に注意しましょう。グレースは氷なのでけっこうな重さがあります。「グレースを含まない」と明記している通販会社がおすすめです

1人分の量の目安は?


思いっきり毛ガニを食べたい!
そんな時に欲しい量っていくらぐらいでしょうか。
毛ガニはタラバガニやズワイガニと違ってカニミソが大きな特徴。購入するときは姿です。
2人前なら1キログラム以上がおすすめ。殻の重さが約半分なので2人で約500グラム食べられます

1キロ以上の毛ガニというとお取り寄せでは「特大」と表記される大きさ。これは平均的な4人前の重さですが、毛ガニメインでお腹いっぱい食べたいなら2人前でもこれぐらいあると食べごたえがあります。
毛ガニは大きい方が甘くて美味しいので、その意味でも特大サイズにこだわる意味があります

贈答品にふさわしいサイズは


お歳暮やお中元で人気の毛ガニ。産地直送お取り寄せ贈答品なら大きさにもこだわりたいもの。先様のご家族が3~4人なら1キロ以上。大きければ大きいほど甘みが強い毛ガニ。カニミソも濃厚と言われています。
300グラムの小ぶりな毛ガニを家族分贈るか、特大毛ガニを贈るか悩みどころです

毛ガニの旬に特大サイズをお取り寄せ


北海道では資源保護のため、毛ガニ漁が厳しく制限されています。
それでも特大毛ガニを年中お取り寄せできるのは、毛ガニの漁場が季節ごとに北海道の各地を移動しているから。
漁場が移動することで貴重な資源である毛ガニを保護し、一年中、旬の毛ガニをお取り寄せできます

胆振噴火湾地方の毛ガニ漁

胆振噴火湾の漁場は約30キロの広さ。この地方の毛ガニは、海に流れ出る温泉のミネラル分をたっぷり含んで育ちます。栄養豊富な海で育つ毛ガニは体も大きく、特大毛ガニが獲れやすいのが特徴。6月ごろから8月ごろが漁期です

日高地方の毛ガニ漁

日高地方の毛ガニの漁期は12月から翌年の春頃まで。
冷たい海で育った毛ガニはサイズも大きく、年末年始のお歳暮時期に最も美味しい特大毛ガニをお取り寄せできます

網走地方の毛ガニ漁

網走地方の特大毛ガニのお取り寄せができるのは、春先から夏頃。
餌を仕掛けたカゴに毛ガニをおびき寄せて獲る毛ガニ籠漁が行われています。
栄養たっぷりの流氷の下で育った毛ガニは甘みの強い身が特徴です

宗谷地方の毛ガニ漁

オホーツクの海が育んだ特大カニ。贈り物用のお取り寄せなら宗谷地方の毛ガニがおすすめ。宗谷地方の港は毛ガニの選別が厳しいことで有名です。
漁期は年明けから7月ごろまでです。港に拠点があり直送してくれる通販会社がおすすめ

十勝・釧路地方の毛ガニ漁

おもな漁期は11月から12月。毛ガニの漁獲高の減少で現在は試験操業中。十勝・釧路地方の毛ガニは貴重品です。
漁期が年末のお歳暮時期とあって、レア度は年々アップ。特大毛ガニは希少品です。通販でのお取り寄せを見かけたら即買い!です

新鮮な毛ガニを取り寄せるには?


カニは鮮度が命。活き毛ガニ、ボイルを問わず新鮮な毛ガニをお取り寄せするには信頼できる通販会社選びが大切です。
一人用の小ぶりな毛ガニから食べ応え十分な特大毛ガニまで、サイズも様々そろっている通販会社は選びやすいです

港から直送の通販会社を選ぼう


毛ガニをお取り寄せするなら港から直送してくれる通販会社がおすすめ。
活き毛ガニもボイルした毛ガニも直送品を選びましょう。特大毛ガニを浜茹でしてその場で急速冷凍。それをそのまま送ってくれる通販会社で注文を。
北海道にあり港へのアクセスも良い通販会社なら、毛ガニ漁の事情にも通じていて信頼できます

荷姿が分かればなおよし!


毛ガニがどんな姿で届くのか?毛ガニの入る箱や梱包の様子までわかる通販会社がおすすめ。貴重な特大毛ガニは梱包にも気を使って欲しいもの。新鮮さを保ちながら傷がつかないように梱包する丁寧さのある通販会社でお取り寄せすれば、毛ガニの品質にも信頼がおけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です