失敗しない活毛ガニの選び方と注意点

かに本舗
Pocket

身もカニみそも全部を美味しくいただくには、失敗しない活毛ガニの選び方と注意点に気をつけることが必要です。ここでは、失敗のない活き毛ガニ選びをご紹介します

毛ガニを食べるなら活きているものをオススメする理由


毛ガニは身の甘さと味わい深さは数あるカニの中でもピカイチ。
そしてなによりも絶品なのが毛ガニの特徴であるカニみそ。カニみそは新鮮なものほど美味しくクリーミーで豊潤な味わいです。
茹でたものが多いですが、毛ガニのカニみそに限っては加熱していない生を強力プッシュします!海の香りがたまらない一品です

北海道でカニといえば「毛ガニ」 理由はなが~い旬にあり


まずは、毛ガニが獲れる時期をご紹介します。
毛ガニは時期を変えながら北海道各地で一年中獲れます。そのため、北海道の人にとっては毛ガニが最も身近なカニなのです

毛ガニの旬をご紹介


年々数が減っている毛ガニは、資源保護のために厳しく漁期が決められています。
胆振地方は6月から7月、登別周辺から白老町沖は7月中頃から8月、日高昆布でも有名な日高地方は年末の12月から翌年4月、オホーツク沿岸の網走から宗谷にかけては流氷明けの毛ガニ漁が春の訪れを告げます。

宗谷地方も流氷明けから始まり8月下旬まで。十勝・釧路地方は1月から3月と9月から12月の2回です。
すべての水揚げ港に当てはまる、失敗しない活毛ガニの選び方と注意点をご紹介します

技あり!お得に毛ガニを購入するには


失敗しない活毛ガニの選び方と注意点としては、漁期の時期をあらかじめ把握して自分が購入したい時期に漁期がある港から購入すること。

自分で食べるために購入するのはもちろん、夏のお中元や冬のお歳暮は特に気を付けましょう。

北海道各地に拠点のある通販会社なら、その時に一番良い毛ガニを選んで送ってくれるので自分で旬を把握する必要もなく一年中お取り寄せできます

わかりにくい毛ガニの種類を解説


毛ガニの通販サイトを見ていると以下のように微妙に表現の違う似た表記があります。
・生き
・活き
・浜茹で
・茹であげ
この表記の違いを知ることも失敗しない活毛ガニの選び方と注意点のひとつです

「活きガニ」って?


「生き」と「活き」の違いってご存知ですか?
失敗しない活毛ガニの選び方と注意点では、この2つの漢字の意味が重要になります

「活きガニ」は文字通り活きて動いているカニです。
ほとんどの場合、24時間以内に到着するように送られています。
あらかじめ、到着日時が指定できる通販会社がオススメ。届いたらすぐに箱から出してあげましょう

「生ガニ」って?


失敗しない活毛ガニの選び方と注意点はこの表記に要注意。
こちらの「生」は「なま」の方です。生きているそのままを冷凍したものが多いです。
どんな梱包状態で届くのか説明書きのある通販会社から購入しましょう

「茹でガニ」と「浜茹でガニ」って?


どちらも茹でてあるカニのことです。
「茹でガニ」には「ボイルガニ」という表記もあります。
一方の「浜茹でガニ」は、水揚げ港で活き毛ガニをその場で茹でたもの。
茹でたてをそのまま冷蔵で発送する通販会社と急速冷凍したものを冷凍便で発送する通販会社があります

適切な表示がされている通販会社が安心!


活きガニを購入したい、失敗しない活毛ガニの選び方と注意点に茹でガニはあまり関係ないように思いますが「茹でガニ」のみの表記では輸入物の毛ガニのこともあります。
茹でガニの表記が親切な通販会社は信頼できます

活き毛ガニが活きたまま梱包できる理由

失敗しない活毛ガニの選び方と注意点で一番重要なのは、毛ガニを活きたまま梱包できるのはなぜか知っておくことではないでしょうか。
ここでは、水揚げされた毛ガニが生きたまま配送されるまでをご紹介します

休息する毛ガニ


毛ガニは非常に繊細な生き物でストレスが味に影響します。
水揚げされたばかりの毛ガニは、集団で捕まり知らない船に突然引き上げられたため一種のパニック状態に陥っています。
そのため、毛ガニは大きな水槽に入れられて休息をとります。
失敗しない活毛ガニの選び方と注意点では、この休息用の水槽が大問題。
港にできるだけ近く、周辺海域の新鮮な海水を利用している通販会社がオススメ。

最高の環境で毛ガニは英気を養います

毛ガニをおフロできれいに


失敗しない活毛ガニの選び方と注意点のポイントの2つ目は毛ガニのおフロです。
毛ガニは体にびっしりと毛がついているため、他のカニよりもゴミや汚れがつきやすいです。
その汚れをきれいな水で洗い流します。「さっぱりした~」と毛ガニが思ったかどうか…まではわかりませんが清潔な状態になります。
毛ガニにストレスをかけない素早い作業が求められます

いよいよ箱の中へ!


生きたまま配送するため、通販会社ごとに梱包には各社工夫を凝らしています。
最も一般的なのは、発泡スチロールの箱におがくずとともに詰める方法。
カニは海の生き物ですが、おがくずの中であればある程度呼吸できます。
しっかりと密閉された箱の中でも24時間は生きていると言われます。
失敗しない活毛ガニの選び方と注意点としては、梱包方法の説明が事前にある通販会社を選ぶこと。
できれば、その方法を選んだ理由まで書いてあると安心です

開封にも細心の注意を!


失敗しない活毛ガニの選び方と注意点では、配送にどれぐらい時間がかかるかということが重要です。いわば時間との戦いです。
しっかりと到着日時を確認し、素早く受け取るようにしましょう。
受け取ったらすぐに開封して確認します。中で動いていればOKです。
活発に動いていればいるだけ新鮮といえます

毛ガニ通販会社 失敗しない選び方


高級な毛ガニを生きたまま購入するのはかなりのハードルの高さ!
失敗しない活毛ガニの選び方と注意点として、最重要課題は信頼できる通販会社選びです。

失敗のない通販会社選びをご紹介します

基本中の基本!会社概要と特定商取引法に基づく表示の確認

失敗しない活毛ガニの選び方と注意点での基本は、会社概要と特定商取引法に基づく表示の確認。
万が一の時の連絡先がはっきりしている会社がオススメ

カニ情報が満載の会社は知識が豊富


毛ガニの情報が細かいことまで公開されている会社が安心です。
失敗しない活毛ガニの選び方と注意点では、どこで獲れたか、水揚げ港はどこか、重さはどれぐらいか購入前にはっきりわかっていることが大切です。
毛ガニは重さの表記が多いですがサイズも書いてあるとより安心です

アドバイスが嬉しい 初めての購入


失敗しない活毛ガニの選び方と注意点をいろいろ書いてきましたが、一番大切なのはどんな人たちが送ってくれるのか知ること。
北海道の魚介類、特にカニに詳しい水産卸会社やカニ専門の通販会社が安心です。
カニに少しでも不安があるなら問い合わせをしてみましょう。
気軽に質問に答えてくれたり、購入のアドバイスをしてくれる通販会社がオススメです。買おう!という気持ちを後押ししてもらえると安心してお取り寄せできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です